So-net無料ブログ作成

Bis Morgen! [即興演奏]

ついに明日にせまったぞ!

◎ 3/17 NaиZ?:zAяanYa ナンゾザランヤ2 ◎

2007年3月17日 @阿佐ヶ谷 我無双
http://www.markisa.net/gamuso/index_j.html
open 20:30/start 21:00 close 05:00 ticket 1,500
地図 http://www.markisa.net/gamuso/GamusoMap.jpg

私とミラーさんは、21時45分頃出演。およそ15分枠で大暴れの予定。
タイトルは「ヴァルハラの憂鬱」
勇敢なる戦士が安らぎを求めて最後に行き着く場所、
それがヴァルハラ。。。
オペラティック・即興作品としてお楽しみいただく。

基本インプロだが、二人で「なんか呼ぼうね♪」ということだけは打ち合わせしている(なんのこっちゃw)

衣装は、白と黒。マチルダは敬虔なシスター風、ミラーは危険な悪魔風・・・
おそらく狭い空間だと思うが、その分お客は近い。
聴衆のオーラと我々の波動が木霊し、大きな輪となって喜びで満たされる、、、
そんな作品を作り上げる妄想をしている。。。
できるかな?どうかな?

インプロはいつも恐い。やるまでが恐い。
言ってみれば即興は相手との緊張関係が全てで、練習がない分、準備が楽なんだろうだな、と一見思える。。。
一見、ね。

稽古が無いってのは、コワいもんだよ。なにしろ、本番にならないとどうなっちゃうかすらわからないんだから。
自分の普段の修練が試されるところだ。即興では、決して自分の引き出し以上のものは出てこない。
それに、大まかな段取り決めてたって、どこでどの程度盛り上げようか決めてたって、
自分のテンションをきちんとそこに持っていけるか。
また、相手はちゃんとテンション上げてきてくれるんだろうか。
そしてその時、我々の与り知らぬ「力」が、我々に味方してくれるのか。

これは本当に不思議なんだ。本番中に、何かが私に指示を出す。
見えない何かが、聞こえない何かが私を操って歌わせる。
そのとき何をすれば一番良いのかが直感的に「分かる」ときがある。
また自分が空気の流れに乗るだけでなく、自分も空気や背景と「一体化」してしまうことがある。
そういうときに自分でも思ってもみなかった力が出て来る事がある。
人はこれを「神が導いた」ということもあるし、
「守護霊が働いてくれた」という人もいる。
ミラーさんと私が作品を「創っている」ときには、よくその現象が起きるのである。

だから、皆。
明日、楽しみにしてもらいたい。
何が起こるか私にもわからない。とてもコワい。
でも同時にとても楽しみでもある。
何も保証してくれるものはないし、何もこの不安を取り除いてくれる物もないけど。

さ、もうねよっかな。あしたもぶちかまそうね、ミラーさん♪

(同一内容は、本家 http://blog.so-net.ne.jp/mathilda にも公開中)


コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。